2014年1月30日木曜日

もしもこんなグレイト3の編集CDがあったら

 つい今朝のこと、『スーパー・ベスト』なるグレイト3の廉価ベストCDが昨夏にツタヤ限定で出ていることを知って驚いた。"Without Onion"(1998年)と"Climax"(2003年)からの曲が漏れてはいるものの、ほぼ年代順でおおまかに代表曲を辿れる12曲入りだ。選曲者はグレイト3好きのツタヤ社員だそうで、なるほどライヴの定番がおさえてあるし、アルバム収録曲もあえてシングル・ヴァージョンだったりと、頭をひねった跡がうかがえる。現物は未入手につき、iTunesのライブラリ内の音源を曲順どおりに並べて聴いたら、きちんと流れとメリハリがある、なかなかよい入門編に思えた。ふと、1988年に初めて買ったアイズリー・ブラザーズのベストLP"Greatest Hits"を想い出したりして……。
  そこで今日のもしものコーナーは、「もしもこんなグレイト3の編集CDがあったら」。1曲のみ'Quincy' が『スーパー・ベスト』とダブっちゃったけど、なるべく重複を避けながら、ああでもないこうでもないと年代順の12曲を選んでみたよ。

1: アイスクリームと風船とコーラ (Demo)
2: Summer's Gone
3: Little Jの嘆き
4: 玉突き
5: Golf
6: Bee
7: Quincy
8: Echo
9: ONO
10: Thorn 刺だらけの都市
11: 綱渡り
12: Emotion 

 ごくごく素直な選曲なんだけど、だいぶ地味かな。目玉は、知るひとぞ知るメジャー・デビュー前のデモ名演「アイスクリームと風船とコーラ」(1996年1月の日清パワーステーション公演来場者特典CD"Great 3 in Florida Contest"収録)なんだけどさ。2曲め以降に珍しい音源はないので、よかったら並べて聴いてみて頂。やっぱりオレはツタヤの選曲担当には向かないかな。ダメだこりゃ。